第二詩集のために

写真と詩のブログです

皆さまへ

皆さまへのお知らせ

 

お正月、皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

本年が皆さまにとって幸多き一年になりますことを心よりお祈り申し上げます。

 

いつも当ブログをのぞいてくださり、ありがとうございます。

この度、ブログを引っ越しすることにいたしました。

はてなブログで皆さまとよいご縁ができたこと、とてもありがたく思っていますし、また、一区切りつけることに私自身、残念な思いも強く持っています。

 

何よりも、お世話になった皆さまに、一言、感謝の言葉を申し上げたかったのと、もう一点は、自分自身の為にも、はてなブログでの活動の総括をする必要を感じ、当記事を投稿いたします。

 

はてなブログでの活動を振り返ると、たくさんのことを学べた期間であったことに気づきます。

ブログというものが、どのようなもので、どのようなマナーが必要なのか、そして、どの程度、自分の感覚とのずれがあり、どこまでは自分の考えを守り抜かなければならないのか。スマホを持ち始めたのもごく最近、ラインもまだろくに使いこなせない私ですが、大げさに言うと、そのようなことが分かった気がします。

 

私がはてなブログで活動するにあたって気を付けていたこと、あるいは気を付けるようになっていったことがいくつかあります。

 

まず、皆さまも同じかもしれませんが、私はブログ活動を真剣に行っていました。遊び感覚で行ったことは一度もありません。拙いものですが、記事の作成もそうですし、それよりも星をつけたり、コメントをしたりすることに関しては、特にそう心がけていました。

 

星は口ほどにものを言う、というふうに感じています。私は星をつける行為というのは、一つの評価だと思って、これには大変、悩まされたものでした。結局、最大で3つという基準をつくりましたが、記事を書かれる皆さまが、ひとつひとつ、時間をかけてつくられた記事です。結局、(最大3つと決めましたので)1つや2つの星をつけることはありませんでした。逆に、心から納得のいかない記事につきましては星をつけないことも、ごくわずかながらありました。誠実であろうと考えたからです。

 

コメントにつきましては、皆さまの記事を汚さないようにということをまず、考えていました。ブックマークに関しては賛否両論あるようですが、皆さまの地の記事を汚さず、コメントするために都合がよいと思い、主に利用していました。また、どうしてもたくさんの感想を述べたい場合のみ、コメント欄に書き込ませていただきましたが、400字以内に収めると決めていました。

 

人を傷つけないこと、本心から行うこと、それらを心がけるのは勿論のことですが、評価に関してとりわけ公平であろうと心を砕いたのは、私が、評価のぶれが許されない、元教員という立場の人間だからかもしれません。

 

新しいサイトにつきましては、今まで通りの、写真と詩、クラシック音楽に加えまして、実は最もしたかったことである文学研究のジャンルを新設した3本柱からなるホームページをつくる予定でいます。はてなブログで学んだ数々のことを生かすことができればと思っています。

 

体調不良等でその都度、中断することも多い私のブログを見てくださり、たくさんの星やコメントをくださったはてなブログの皆さまに感謝いたします。本記事をもちまして、はてなブログでの投稿は最後とさせていただきます。本当にありがとうございました。

 

2021.1.2 真ちゃん