第二詩集のために

写真と詩のブログです

京都アニメーションについて(再掲載)

(追記:2020.7.12)今月、18日で、あの悲惨な事件から、まる1年がたとうとしています。あのようなことがもう二度と起きないことを願って、過去記事ですが、そのままここに再掲載させていただきます。

                    (初掲載:2019.7.20 再掲載2020.7.12

 

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

今日はどうしても書きたいことがあり、書かせていただきたいと思います。

先日、日本の誇る、素晴らしいアニメ制作会社、京都アニメーションで恐ろしい事件がありました。

賛否両論ある作品ですが『たまこまーけっと』『たまこラブストーリー』という作品を心から愛しています。

初々しい高校生の成長を情感豊かに描写した素晴らしい傑作です。数あるアニメーションのなかで私が最も好きな作品です。

近年では『聲の形』という素敵な作品がありました。

いじめの問題にも踏み込んだ社会的な一面がありながら、人間性の核心をついた心温まる物語になっています。

それらに描かれている世界は、現実で起こったこの悲惨な事件とは程遠いものです。

笑顔の大切さ、そして人間にとって何が一番大事なのか、それを伝えてくれる作品たちで、私はこれらが大好きで、何度、勇気をもらったことでしょうか。

けいおん!』など、他の作品にも同じことが言えます。

そのような尊い作品をこの世に送り出した制作会社がこのようなことになってしまったことをとても残念に思います。

そして被害にあわれた方々に哀悼の意を表しますとともに、怪我をされた方々が心身ともに回復されることを心よりお祈りします。

 

小さなものですが、ブログを運営している立場の人間として、そして京都アニメーションの一ファンとしてどうしても書きたくて記事にしました。心からの思いです。

当ブログは雑記ブログではありませんので、この記事は時機を見て非公開にさせていただきます。

最後までお読みくださり、どうもありがとうございました。

 

真ちゃん 2019.7.20