第二詩集のために

写真と詩のブログです

蝶の顔

ナミアゲハ クロアゲハ イチモンジセセリ ツマグロヒョウモン 虫たちの顔も さまざまです 黒目がちの 小さな顔や まるい大きな目をした ユーモラスな顔 豹を思わせるような 賢い顔 可愛い表情を撮ることができたら 蝶たちが喜んでくれる そんな気がしています

夏の名残の花々

フヨウ アメリカノウゼンカズラ チェリーセージ ランタナ クロアゲハとランタナ 9月の空 すこし暑さがやわらいで 秋がはじまろうとしています まだ強い日差しをあびながら 夏の終わりを惜しむように 花々が咲いています 高い空にも 秋の色を感じます

久安寺の生き物

サルスベリ サルスベリ マイコアカネ マイコアカネ アオイトトンボ ニホントカゲ メダカ ヒヨドリ 余野川の流れる 渓谷に位置する久安寺。 自然豊かなこの土地には さまざまな生き物が見られます。 盛夏を彩る百日紅。 秋へと誘うトンボたち。 トカゲはいき…

小さきもの

ミツバチ 小さなハナアブ 安曇野のチョウ ワスレナグサ きょうも 花々のあいだを かすかな羽の音が 清らかに響きます。 その様子に 真摯であることの 大切さを 感じます。 小さきものにも 気高い魂が やどっているのです。

夏の花々

ハナツクバネウツギ ヤナギハナガサ キバナコスモス ペチュニア ペチュニア 8月、 公園には 色とりどりの花が 咲いています。 強い日差しと 暑さにもかかわらず 涼しげに咲く 夏の花々。 まるで砂漠の泉のような 心やすまる存在です。

凌霄花

アメリカノウゼンカズラ アメリカノウゼンカズラ ノウゼンカズラとオンブバッタ 今年も艶やかな花を咲かせた ノウゼンカズラ。 北米原産のこの種には あふれんばかりの 生命力と 勢いを感じます。 トランペットのベルの先には 緑の彼もとまっています。

ランタナと蝶

ナミアゲハ ヒョウモンチョウ イチモンジセセリ ランタナ ランタナには いろいろな蝶がやってきます。 優雅な装いのアゲハチョウ。 落ち着いたしぐさのヒョウモンチョウ。 可愛いまるい顔をしたセセリチョウ。 甘い香りにひき寄せられて 蝶たちは 深緑の庭を…

緑と雫

優しい色のブドウの葉 梅雨のアジサイ 枝と雫 枝と雫 色々な緑が ますます深く、 表情豊かになってきました。 綺麗にならんだ水滴が 新鮮なニュアンスを添えています。 煌めく夏はすぐそこです。

六月の秋桜

キバナコスモス 信州にて 優しい色の大空に 白い雲が動いていく 野原をなでるそよ風に 黄色の花が咲いている ほのかにかおる淡い予感に ちいさな蕾が揺れている この世に生まれた魂に 最上の 日はこよう あなたの望む幸せを その手に掴む、そんな日が 命の誕…

古都の紫陽花

古都のアジサイ 古都のアジサイ 古都のアジサイ 古都のアジサイ 街には至るところに 紫陽花が咲いていました。 この季節、 友と古刹を巡ったこと。 人の少ない方の海岸で ひとり海をながめていたこと。 ひとつひとつの思い出が 一つとして同じ色のない あの…

紫陽花と思い出

庭のアジサイ 庭のアジサイ 庭のアジサイ 学生時代の一時期を 古都で暮らしました。 雨と紫陽花の似合う街で 人の少ない平日に 散歩をするのが好きでした。 この丸い花をみていると そんな青春時代を 思い出します。

小さな花蜂

キオビツヤハナバチ キオビツヤハナバチ。 とても可愛らしいお客さんです。 ちいさな花ですから ちいさなちいさな花蜂です。 キオビツヤハナバチ しべに頭をおしつけては 前足で口を丁寧にぬぐいながら 一心不乱に、花粉を集めていました。 秋の実りを準備す…

南天の花

ナンテン ナンテン 南天。 ちいさなちいさな 可愛らしい花を咲かせました。 そのひとつひとつが 秋には丸い 赤い実を結ぶのです。

収穫のとき

ジューンベリー 熟したジューンベリー。 少しずつ収穫します。 小鳥たちからの 贈り物です。 ジューンベリージャム 摘んだ実は ジャムにします。 自家製パンにのせて とても美味しいです。

雨上がりの朝

アジサイ まだ若いアジサイが 雨上がりの庭で 色づく時を待っています。 ザクロ 鮮やかなオレンジ色の 花を咲かせるザクロ。 やがて ちいさな実を結びます。

木陰にそっと

信州にて 『第一詩集』より 木陰にそっと 白く咲いていた君 今はずいぶん大きくなって 青い空を見あげている (『第一詩集』花の詩より)

ジューンベリーとメジロ

ジューンベリーとメジロ 色づきはじめたジューンベリー。 小鳥たちは赤い実を もっとも好みます。 ジューンベリー 今年はどのくらい 残してくれるでしょうか。 黒く熟すと 今度は私たちがいただきます。

ちいさなバラ

ちいさなピンクのバラ 大きな立派なバラも素敵ですが ちいさなピンクのバラに シンパシーを感じます。 ~ブログを見てくださるみなさまへ~ いつもブログを見てくださりありがとうございます。 この度、記事を音楽に絞った新しいブログを開設しました。 音楽…

ミツバチと紫陽花

ミツバチ 『第一詩集』より 愛おしい訪問者 金の砂場であそんできたの わたしの腕におとまりなさい この上なく安らかで とても優しい紫の庭に ミツバチ 『第一詩集』より 甘い蜜をたあんとおたべ 心ゆくまでたくさんおたべ ミツバチ 『第一詩集』より いっぱ…

野ばら

野ばら 今年の野ばら。 もとは台木だったのですが 穂木がなくなり顔を出しました。 それ以来毎年、 可愛い花を咲かせてくれます。

ハクチョウゲ

ハクチョウゲ ハクチョウゲ。 米粒がはじけたような ちいさな可愛らしい花を咲かせました。 ~感謝のごあいさつ~ ブログをはじめて半月が経ちました。 みなさまに見ていただき 反応をいただけることは とても嬉しくて、また励みになっています。 心より感謝…

薄明の刻

ツバメ 薄明かりのなか 水笛のような愛らしいさえずりと 流麗なその姿 ツバメが勢いよく滑空します。 一日がはじまろうとしています。 モミジ モミジはやわらかな光のなかで その新鮮な葉をひろげています。 ユウゲショウ 足もとに視線をうつすと ユウゲショ…

ランタナとナデシコ

ランタナ ナデシコ 早朝のやさしい光のなかで 白いランタナとナデシコが咲いています。

ジューンベリー

ジューンベリー ジューンベリー。 4月には清潔な白い花を咲かせてくれました。 ジューンベリー 花は散ってしまいましたが 実がだんだんふくらんできています。 赤く熟れると小鳥たちがついばみにやってきます。

しらない花も

名のしらない花 よく知っているのに 名前のわからない花があります。 たいてい庭の片隅や路傍にひっそりと咲いています。 ハゴロモジャスミン 毎年きれいな花を咲かせるハゴロモジャスミン。 今日の空 今朝の青空。 5月のやわらかな空気の感触が一番好きです…

スモークツリー

スモークツリー 庭のスモークツリー。 若葉ですがまるで花のようです。 よく見ると小さな虫がかくれています。

黄色い木ばら

モッコウバラ モッコウバラ 黄色い木ばら やさしくむかえる道しるべ 旅人は荷物をひとまずおいて そっとその手を差しのばす

ハゴロモジャスミンとツリガネソウ

ハゴロモジャスミン 庭に咲くハゴロモジャスミンです。 ツリガネソウ ツリガネソウ。 いつのまにか庭に咲いていました。

一輪のバラが

一輪のバラ 『第一詩集』より ここに一輪のバラが咲いています 美しい、とても美しいバラです 庭に出るといつしかきみは咲いていました それはしあわせなこと、 とてもしあわせなことなのです (『第一詩集』花の詩より)

ブログはじめます

はじめまして。 真ちゃんと申します。 ご訪問、心より感謝いたします。 とても小さなものですが私家版『第一詩集』をつくりました。 写真に簡単な詩を添えた写真集です。 このブログは『第二詩集』を準備するために始めます。 やはり写真が中心で、それらに…