第二詩集のために

写真と詩のブログです

久安寺―七月

エントランス エントランス 花の寺 久安寺 あいにくの雨ですが おおきなまるい紫陽花が 迎えてくれます 境内 いろいろな 緑が 綺麗です 朱雀池の蓮 今夏 蓮の花の 第一号です ピンクが ひときわ鮮やかです 両果の道 ひろい境内を 一本の小径が 貫いています …

二つ星

テントウムシ テントウムシ ちいさな命が いま、一輪の花のように ひらきます 野ばらのような 白く、純粋な魂です 一匹の テントウムシは 野ばらの開花を待っていました 野ばらを想って そっと寄り添います 二つの 魂が ここで 結びついた この奇跡 初夏の明…

梅雨が明ければ

アメリカノウゼンカズラ アメリカノウゼンカズラ アメリカノウゼンカズラ 今年も アメリカノウゼンカズラが 咲いています 燃えるような朱色は やさしい薄い色のノウゼンカズラと また違った趣があります アジサイ アジサイ 紫陽花は 時季がすぎて 色があせて…

梅雨の晴れ間に

ハナバチ ちいさな花蜂が 満開の紫陽花のうえで せっせと花粉をあつめています ハナバチ 葉にとまってひと休み 花粉まみれは 働きものの証です タイワンタケクマバチ タイワンタケクマバチが 竹から顔を出しています 短い触角が可愛いです タイワンタケクマ…

黄色い花

キンシバイ キンシバイ キオビツヤハナバチ 日向に咲く 黄色い花たちの 密やかな 香りに誘われて 今日も 花蜂が訪れる あなたが微笑むと やってくる 幸せのような ちいさな花蜂が

雨の日

ナンテン 南天の花が 雨露に濡れています 可愛らしい ちいさな花です アジサイ 紫陽花の 似合う季節がやってきました しっとりと 雨に濡れるその姿に 心が落ち着きます バラ スモークツリー スモークツリー ジューンベリー 草木の葉にも 雫が輝いています ガ…

ジューンベリー、ジャムになる

ジューンベリー わが庭のジューンベリー。 花が咲き ジューンベリー 実を結び ジューンベリージャム ジューンベリージャム ついにジャムになりました。 自家製パン ジャムパン ジューンベリーとメジロ 小鳥たちが残してくれた わずかな実からできた 極上のジ…

庭の変化、白薔薇の開花

バラ 楽しみにしていた 白いバラが ついにひらきはじめました。 バラ 初々しいこのころの姿が もっとも美しいと思います。 バラ バラ バラ もちろん、 しっかりと開花したバラも とても綺麗です。 気高く優美な 庭のお姫さまです。 ザクロ ザクロの花は もう…

六月の公園、ちいさな世界

アジサイ アジサイ 近くのちいさな公園で あじさいが咲いています。 すこしだけ色のまじった 白い花は 清らかできれいです。 テントウムシ テントウムシ あちこちに テントウムシの姿を 見つけることができます。 まるで艶やかな 飴細工のようです。 ユウゲ…

第三詩集

~ブログを見てくださる皆さまへ~ いつもブログを見てくださりありがとうございます。 皆さまがご訪問してくださることがとても励みになっています。 つたない作品にも、このような発表の場があることを たいへんありがたく感じています。 また、続けられて…

紫陽花、六月の庭

アジサイ アジサイ 六月。 アジサイが少しづつ 色づいていきます。 白い飾り花に うすいブルーの 縁どりができています。 アジサイ アジサイ 玄関の ガクアジサイも だんだん大きくなっています。 こちらも 密集した小さな花の つぼみあたりが 青く色づきは…

イソヒヨドリとメジロ

イソヒヨドリ イソヒヨドリ イソヒヨドリの幼鳥が ミモザの木にとまっています。 地味な羽をして しぐさには まだ幼さが残っています。 イソヒヨドリ イソヒヨドリ イソヒヨドリ イソヒヨドリ せわしなく 動き回って 何かを探しているようです。 大きな声で…

愛する五月

ハクチョウゲ ハクチョウゲ シャリンバイ ランタナ バラ 愛する五月 花々は咲き誇り 虫たちは飛び交い 鳥たちは歌う そんな息吹を身に受けて ちいさな 白い 花が咲く やさしいあなたの 腕のなかにいだかれて まるで幼子がするように 純粋な面もちで この世界…

薔薇と雫

バラ バラ ちいさなピンクのバラが 今年も花をつけました。 やさしい色がお気に入りです。 雫 雫 雫 雫 少し肌寒い朝の庭。 夜中に一雨あったのか 朝露なのかは分かりませんが、 葉の上には 美しい水滴が光っています。 アジサイ 紫陽花は少しずつ、 大きく…

五月、ちいさな生き物たち

ハナムグリ ハナムグリ 野ばらには ちいさな生き物たちが あつまります。 ハナムグリは 小型のカナブンの仲間です。 夢中で蜜を食べています。 テントウムシ テントウムシ テントウムシは 元気に歩き回ります。 赤い斑紋のあるテントウムシや 大きな赤い二紋…

五月の庭にて

スモークツリー スモークツリー スモークツリー スモークツリーの若葉が 陽をうけて 赤く透けています。 ナデシコ セイジ ナデシコや セイジの花も 元気よく咲いています。 ハルジオン 片隅にはハルジオンが。 野ばら 野ばらとマルハナバチ 今年も咲いた野ば…

藤と花蜂

タイワンタケクマバチ タイワンタケクマバチ 藤の甘い香りに誘われて タイワンタケクマバチがやってきました。 すこしほっそりとした 黒づくめのクマバチですが 性格は至って穏やかです。 竹材と一緒に中国からやってきた 外来種です。 クマバチ クマバチ 在…

藤、庭の生き物

フジ フジとクマバチ 藤棚では今年も藤が咲きました。 クマバチが訪花しています。 クマバチはとりわけ藤を好みますが 藤にとってもクマバチは 特別なパートナーです。 キオビツヤハナバチ モッコウバラには ちいさなちいさなキオビツヤハナバチが やってき…

私の激レア体験

今週のお題「激レア体験」 私の激レア体験 「きっと頭の方が軽かったのよ~」 病院である方からこのように言われてしまいました。 足から落ちたので奇跡的に助かりました。 何故、落ちたのか? 実はその日の朝からの記憶がないのです。 気づけば知らない天井…

四月、庭の花々

モッコウバラ モッコウバラ モッコウバラ モッコウバラ 四月の庭に モッコウバラが咲いています。 明るい色の 花々が 開いていく様子に 毎年、元気をもらいます。 ツリガネソウ ツリガネソウとタヌキ ツリガネソウが 今年も顔をだしました。 可愛らしいその…

小鳥

ミモザの枝にとまるシジュウカラ こずえの小鳥 しあわせを運ぶ小さな遣い たかく かろやかに 風のなかを羽ばたいて 私の言葉を運んでおくれ 偽らぬそのさえずりで 君に想いが伝わるように

白い花

今年のジューンベリー わが庭に 白い花が咲く 君がやさしく 微笑むように 春風のなかで ゆれながら

夕刻の葉桜と春の花

夕刻の葉桜 夕刻の葉桜 夕刻の葉桜 夕刻の光に うすい花弁が 溶けこんでいます。 花々の間には 若葉がめだちはじめました。 散歩をする人々の 目を楽しませてくれた 今年のさくらも そろそろ見納めです。 シャガ ふと足もとを見ると 路傍にシャガが咲いてい…

春の訪れ

庭のキバラ さくら 路傍の花(ホトケノザ) 街路樹の若葉 木ばらのつぼみ さくらの開花 路傍に咲く花々 街路樹の若葉 自然からの合図に 確かに感じられるのは 春の訪れと 命の息吹です 春の里山 春の里山 春は希望と予感の季節 少しずつ、少しずつ 前に進める…

さくら咲く

今年の桜 ~ブログを見てくださるみなさまへ~ 長らくブログ活動を休止していましたが、 本日より再開いたします。 拙いブログですが、 見てくださるととても嬉しいです。 今年も桜の咲く季節になりました。 新型コロナウイルスによる感染症の流行で、 大々…

十二月の池田にて

初冬の里山 初冬の里山 紅葉 大阪の北部に位置する 小さな街、池田市 初冬の里山の様子です 五月山に点在する落葉樹が 山腹を彩っています 余野川 植木畑 池田は植木の町でもあります 余野川の両岸に植木畑が広がります 山茶花 庭の紅葉 ランタナ 山茶花や紅…

おしらせ

~皆様へのおしらせ~ いつもブログを見てくださりありがとうございます。 早くも『第二詩集』が完成しましたのでお知らせいたします。 これも、みなさまのおかげだと思っています。 ありがとうございます。 今後は、次回作に向けてブログを続けていこうと考…

久安寺の秋

楼門 エントランス 本堂 本堂からの眺め 本堂の回廊 鍾堂 バン字池 久安寺の秋は 華やかです。 まるで画家の持つ パレットのように 境内は 紅葉や銀杏の 緑、黄、赤が 混ざりあい、 鮮やかに彩られています。 その一方で、 伽藍の静かな回廊や、 美しい屋根…

11月のもみじ

11月。 空気が冷たく感じられる頃。 ここ伏尾の里でも もみじが色づきはじめました。 まだ青い紅葉から 黄緑に変わったもの、 ついに真っ赤になった葉まで とても美しく、 人々の目を 楽しませてくれます。 こんなに新鮮な 紅葉の情景を 味わえるのは 一年を…

蝶の顔

ナミアゲハ クロアゲハ イチモンジセセリ ツマグロヒョウモン 虫たちの顔も さまざまです 黒目がちの 小さな顔や まるい大きな目をした ユーモラスな顔 豹を思わせるような 賢い顔 可愛い表情を撮ることができたら 蝶たちが喜んでくれる そんな気がしています